私が誰にもお金を貸さない理由

結論から言うと、私はお金は貸しません。
知人、同僚はもちろんのこと、家族や友人であってもお金は貸しません。
どれだけ自分に近い存在かということで、「貸すことが出来る人」の範囲や基準がある人もいるかもしれませんが、私は貸さないと思います。

以前同じ職場に勤めていた方が、別の同僚にお金を貸しているという噂がありました。貸した方は、「人を信じている」という信念を持った方でしたので信じて3万円を貸していました。しかし、いつまで経っても返金されない事に不安を覚え、請求したそうです。すると、3万円を借りた同僚は「明日持ってくる!」と言って早退しました。不安がにじみ出ている表情を抑えながらその同僚はそれでも信じていると言いきっていました。お金が返ってきたのは、次の日ではありませんでしたが何とか3カ月以内で返金されたそうです。

この場合は返金されたのでよかったのですが、早退されそのまま姿を見せずに退職という事にでもなったら探しようがありませんし、自分がお金を貸したことを後悔するだけになることは想像できます。

家族の場合、私の家族はお金に困っている様子はありませんのでお金を貸してほしいとお願いされることはないと思いますが、もしそんなことがあっても後々借りた方も貸した方もやはり後悔することになると思うので、家族で会っても貸さないと思います。また、私が家族にお金を貸してほしいとお願いしても母や祖母、叔父は貸さないと思います。

お金は人間関係をダメにしてしまう要素があると思っています。幼いころからの親友や母親などの家族であってもお金を返さないという事が発生した場合、取り返しのつかない事が起きると思いますし、それこそ壊れてしまった人間関係はお金では買い戻せませんので、金銭のやり取りなどは無いことが望ましいと思います。また、お金を借りなければいけない理由をきちんと聞いて、根本的に解決してあげることが出来たら、お金を貸すよりも良い結果になるのではないかと思っています。

このような理由から、私はお金は誰にも貸しません。

どうしても困っていると言う人は、私からすれば消費者金融も今では安心・安全なところが沢山ありますし、大手銀行の金融もありますし、銀行ローンっていうのもあります。そういったものを利用してほしいと思います。そういったところで借りると金利とか返済期限は絶対に守らないといけないとか、そういったことが嫌だから金利もないどうにか逃げようと思えば逃げれるだろうという考えで周りの人に借りようとしているだけにしか思えないのです。

今ではアルバイトやパート4生活でもお金を借りることができるところも増えて きています。安定した収入があれば貸してもらえるのです。

ちなみにアルバイトやパート生活だとこういったところですね。

こちら

消費者金融を利用する時に気を付けておきたいことや知っておくべきことっていうのはネットで検索するとたくさん出てくるのでそういったことを調べたり、自分なりにすぐに人に頼らずに解決方法を探して試しすというかやってみてからの周りに聞いたりするべきだと思います。

インターネットを利用できるなら、消費者金融会社の迅速な即日融資をしてもらえる、可能性が少なからずあります。と言いますのは、前もって審査が行われるので、それにうまく通ったならば、融資を受けることができるという意味で使っています。
近頃はずいぶん便利で、忙しい方など、インターネットで、画面上に表示された項目に回答するだけで、借り入れ可能な金額などを、その場でいくつかの案を提案してくれるサービスをやっているキャッシングの会社も見受けられ、一見めんどくさそうでも申込手続は、どなたでもすぐにできるから心配はありません。
数十年も前のことであれば、新たにキャッシング申し込みをしたときの事前審査が、かなり緩かった年代もあったことが知られていますが、どこの会社でもこの頃は昔よりもずっと厳しく、必須の事前審査のときは、全ての人に基準どおりの信用調査が入念に実行されているのです。
銀行を利用した融資については、最近よく聞く総量規制の対象外なので、もしカードローンで借りるなら、なるべくなら消費者金融など以外が無難です。借金については、1年間の収入の3分の1以上になると、新たに融資してもらうことは無理だというものなのです。
新しくキャッシングを申込もうとあれこれと考えているところだという人っていうのは、その資金が、少しでも早く融資してほしいという場合が、大半を占めていることでしょう。現在ではなんと審査時間たったの1秒で融資してくれるという即日キャッシングが人気のようですね。

お申込み手続きが完了してから、キャッシングによる振り込みがされるまで、一般的な融資と違って、スムーズに手続きできれば最短で当日のケースが、いくつもあって選んでいただけるので、どうにかして迅速に貸してほしい場合は、消費者金融系会社のカードローンが特におすすめです。
なんとなく少額の融資が受けられて、比較的簡単に融資してもらえるサービスのことを指して、「キャッシング」「カードローン」などの名前で使われているものが、最も多いんじゃないかと思って間違いないでしょう。